トップページ | 私たちの住まい | 家づくりの思い

家づくりの思い  陽なせる住まい  つくり手たち

丈夫で長持ちすることが大前提

住まいの第一の目的は、自然の猛威から住む人の命を守ることです。
ナルセノイエは、設計の初期段階から構造計算をおこない、あらかじめ必要な構造強度を確保したうえで詳細のプランを作成していきます。
そのため最後にプランと強度の辻褄合わせをおこなうような作業は必要ありません。
また、風雨に対する備えとしても、シンプルな躯体構成、屋根形状、適切な軒の深さ、庇の活用、構造材の劣化対策など、躯体そのものが丈夫で長持ちすることを第一に考えます。
見た目だけを優先して、耐用性や耐久性を犠牲にするのは本末転倒です。
むしろ、基本的な性能を高めることが、結果として自然や街並みと調和した住まいのカタチになるのではないでしょうか。

丈夫で長持ちすることが大前提

ナルセノイエは、設計の初期段階から構造計算をおこない、あらかじめ必要な構造強度を確保したうえで詳細のプランを作成していきます。そのため最後にプランと強度の辻褄合わせをおこなうような作業は必要ありません。また、風雨に対する備えとしても、シンプルな躯体構成、屋根形状、適切な軒の深さ、庇の活用、構造材の劣化対策など、躯体そのものが丈夫で長持ちすることを第一に考えます。こうした基本的な性能を高めることが、結果として自然や街並みと調和した住まいのカタチになると考えています。

「暮らしやすさ」を考える

丈夫で長持ちであることと同様に大切なのが「暮らしやすさ」です。
暮らしやすさとは、日常生活がいかにスムーズに滞りなくおこなえるか、と言い換えることができます。
適正な寸法、家事などの生活動線の最適化、適切な量を確保した収納スペース、家族の気配を感じつつもプライバシーを確保した個々のスペースや、若い世代のご夫婦にとっては子育てがしやすいことも大切な要件となります。
また、薪ストーブを設置するなど、火のある暮らしは情緒を豊かにし、四季の移ろいや自然を身近に感じることで、心の満足度を高めることにつながります。
日常の暮らしの中でストレスを感じることがなく、同時に心豊かなあなたらしい暮らしやすさを実現します。

「暮らしやすさ」を考える

暮らしやすさとは、日常生活がいかにスムーズに滞りなくおこなえるか、と言い換えることができます。適正な寸法、生活動線の最適化、適切な収納スペースの量、コミュニケーションとプライバシーの両立や、若い世代のご夫婦にとっては子育てがしやすいことも大切な要件です。また、薪ストーブを設置するなど、火のある暮らしは情緒を豊かにし、心の満足度を高めることにつながります。日常の暮らしの中でストレスを感じることがなく、同時に心豊かなあなたらしい暮らしやすさを実現します。

居心地の良さを追求する

暮らしやすさとともに、住まいの重要な要素として「居心地のよさ」があります。
「夏は涼しく、冬は暖かい」こと、「明るく風通しがよい」ことはもちろん、「開放感を感じる場所と落ち着く場所がある」ことや「自然を身近に感じる」ことなども居心地を決定する構成要素であり、何よりこれらの要素をバランスよく実現することが求められます。
例えば、冬は陽射しを取り入れながら、夏はしっかりと遮蔽すること、空間ごとに適切な天井高さを考えることで解放感と落ち着きをコントロールしたり、窓と植栽の配置を最適化することで時間や季節の移ろいを身近に感じるなど、方位や周辺環境を見極めることで、居心地のよさをきちんと計画することが可能です。

居心地の良さを追求する

「夏は涼しく、冬は暖かい」「明るく風通しがよい」ことや「開放感を感じる場所と落ち着く場所がある」「自然を身近に感じる」など、居心地の良さも良い住まいの大切な要件です。例えば、冬は陽射しを取り入れながら、夏はしっかりと遮蔽すること、空間ごとに適切な天井高さを考えることで解放感と落ち着きをコントロールしたり、窓と植栽の配置を最適化することで時間や季節の移ろいを身近に感じるなど、方位や周辺環境を見極めることで、居心地の良さをきちんと計画することが可能です。

目に見えない美しさが佇まいに表れる

住まいの「美しさ」とは何でしょうか。
建物のプロポーション、素材、佇まいなど、美しさを構成する要素はいくつかあります。
その一方で、原理原則に則ったシンプルさ、機械ではなく職人の手しごとを感じる住まいの温もり、そして、地域材の活用や環境負荷の低減など、持続可能性を感じることは精神的な美意識を満足させるものです。
ナルセノイエでは造形的、物理的な要素だけでなく、「シンプル」「手しごと」「サステナブル(持続可能性)」の3点にも美しさが含まれていると考えています。
また、この3つの要素はいずれも地域工務店としての存在意義にも通じています。
美しさを主張する住まいが美しいのではなく、考え方の美しさこそ佇まいに表れるのです。

目に見えない美しさが佇まいに表れる

住まいの「美しさ」とは意匠的な要素だけでなく、原理原則に則ったシンプルさ、手しごとを感じる住まいの温もり、地域材の活用や環境負荷の低減など、精神的な美意識も含まれます。ナルセノイエでは「シンプル」「手しごと」「サステナブル(持続可能性)」といった考え方にこそ「美しさ」が含まれており、さらに、こうした要素はいずれも地域工務店としての存在意義につながっていると考えています。美しさを主張する住まいが美しいのではなく、考え方の美しさこそ佇まいに表れるのです。