実家が遠いと後悔する?それとも気にしない?事例を交えてご説明します!

この記事は約3分で読めます。

最近は実家から遠い場所に家を建てる方も少なくありません。

ただ、中には後悔してしまったという方もいらっしゃいます。

そこで今回はなぜ実家が遠いと後悔するのか、その理由について解説します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

□実家が遠いことによる弊害

実家が近いことによるメリットは数多く存在します。

1つ目は育児や家事のサポートが期待できることです。

実家の近くに家を建てておくことで、育児や家事などを協力してもらうことが期待できます。

特に共働きの夫婦であれば、子どもが小さい時のサポートを受けられるのは大きなメリットと言えます。

2つ目は何かあったときにすぐに駆け付けられるということです。

両親に何かあった時や将来的に介護をすることの時を考えると、実家の近くに自宅がある方が安心できます。

また、近居であれば同居のように常に一緒の家に住む必要が無いため、心理的な負担が軽減する可能性が高まります。

3つ目は住み慣れた人がいる安心感です。

全く知らない土地に住むことになると、困惑することも少なくありません。

実家の近くに家を建てれば住み慣れた人が既にいるため、子どもの教育環境や買い物先などに困ることが無くなります。

上記のように実家が近いメリットは多数あります。

実家の遠くに家を建ててしまうと、これらのメリットが享受できないためよく考えておく必要があります。

□実際に後悔した事例

ここからは具体的にどのような場面で後悔したのかを詳しくご紹介します。

1つ目のケースはお金がかかることです。

実家から遠い場所に家を建てると帰省の際にお金がかかってしまいます。

新幹線や飛行機を使って家族全員で帰省するとなると、往復で数万円かかってしまうこともあります。

このような出費が何度も繰り返されると、「実家の近くに住めば良かった」というような後悔につながってしまうこともあります。

2つ目のケースは日常の困った時です。

日常の少し人の助けを借りたいという時に実家が遠いと頼む人がなかなかいない恐れがあります。

「自分が熱を出してしまって子どもの面倒がみれない」

「上の子の用事があるが、下の子を置いていけない」

このようなときに、実家が近ければ少しの間面倒を見てもらえる可能性が高いです。

実家が遠ければなかなかこのようなことを頼めなくなってしまうので、注意が必要と言えるでしょう。

□まとめ

今回は実家の遠くに家を建てて後悔した理由についてご紹介しました。

一度家を建ててしまうと、基本的にはその場所に長年住むことになります。

長期的なことも考えて住む場所は十分に検討するようにしてくださいね。

当社では住宅に関するご相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました