敷地内同居にはメリットはある?検討中の方に向けてご紹介!

この記事は約3分で読めます。

「敷地内同居にはメリットはあるのだろうか」
このような疑問をお持ちの方は少なくありません。
最近では、実家と離れた場所に住まれる方もいらっしゃいますが、実家が近い事にはメリットもあります。
そこで今回は敷地内同居について詳しく解説します。

□敷地内同居のメリット

敷地内同居には次のようなメリットが挙げられます。

1つ目はすぐに訪問できることです。
遠方に実家がある場合は帰省に時間がかかりますし、費用も掛かります。
一方で、敷地内同居であればこれらは必要ないため、ちょっとした用事でもすぐに行き来できます。
また、自宅にすぐ帰られるので気軽に実家に行けるというメリットがあります。

2つ目は義父母宅への訪問回数が減ることです。
敷地内同居をすれば、訪問回数自体が減るとされています。
理由としては、近所でいつでも会える距離にいるため、顔を見せるために訪問することが減るからです。

敷地内同居のデメリットとして「いつも一緒に居なければならない」と思われる方もいらっしゃいますが、実際にはそれほど窮屈に感じなかったという方もいらっしゃいます。

3つ目はサポートが期待できることです。
重要な宅配物を受け取ってほしい場合や、病気や仕事などでどうしても子どもの世話ができない場合にサポートしてもらうことが期待できます。
遠方に住んでいれば、このようなことを頼むのは難しいものですが、敷地内同居をしていれば義父母を頼れます。

このように、敷地内同居にはさまざまなメリットがあります。

□敷地内同居のデメリット

先ほどは敷地内同居のメリットについてご紹介しました。
その一方で、デメリットもあるためここで詳しく解説します。

1つ目は監視されている気分になる恐れがあることです。
近くに義父母がいると、監視されているような気分になる方が一定数いらっしゃいます。
例えば、頻繁に外出したり、遅い時間に帰宅したりするのが億劫になるといったことが挙げられます。

同じ敷地内に住んでいると、意識しなくてもいつ外出していつ帰ってきているかということが分かります。
義父母がまったく気にしていなくても、自分自身が負い目に感じてしまうことがあるため注意しましょう。

2つ目は子どもを甘やかしてしまうということです。
メリットとして子供の面倒を見てもらえることを挙げさせていただきました。
ただ、それは子どもを甘やかしてしまうような存在がいるということにもなりかねません。

おじいちゃんやおばあちゃんにとって孫はとても愛おしい存在です。
それゆえに、「何でもしてあげたい」という気持ちから、子どもにおもちゃを買い与えてしまうということは少なくありません。
甘やかせすぎると子どもにとっても良くないため、注意が必要です。

3つ目は2つ目の逆パターンで、いつも孫の面倒をみるのが億劫になることです。

体力に自信のないおじいちゃんおばあちゃんにとって、元気のあるお孫さんの相手をするのがしんどいかたも多かったりもします。

以上が敷地内同居のデメリットになります。

□まとめ

今回は敷地内同居のメリットについてご紹介しました。
敷地内同居には多くのメリットがありますが、同時にデメリットもあります。
後悔しないようにするためにも、メリットとデメリットをよく確認して、ライフスタイルを想定しておきましょう。

近居のメリットデメリットの記事も参考にどうぞ
タイトルとURLをコピーしました