平屋のデメリットはあるの?平屋をお考えの方に向けて解説!

この記事は約2分で読めます。

平屋とは一階建ての住宅のことを指します。
一階建てにすることでいくつかのメリットがありますが、デメリットも存在します。
今回は平屋を建てようかお考えの方に向けて、デメリットとその対策についてご紹介します。
後悔しない家づくりをするためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

□平屋の代表的なデメリット

1つ目は広い敷地が必要となることです。
二階建ての家と同じような床面積を確保しようと思うと、単純に倍の広さの敷地が必要になってきます。

2つ目は日当たりや風通しに工夫が必要なことです。
家の面積が広くなり、さらに部屋数が多くなると、中心に近い部屋は日当たりや風通しが悪くなりがちです。
それゆえに、中庭を作る、建物の形をL字型やコの字型にする、天窓を設置するといったような工夫が必要になってきます。

3つ目は防犯面やプライバシーに注意が必要なことです。
平屋はすべての部屋が一階に集まるため、外部から比較的様子が伺いやすくなります。
そのため、リビングは道路から離れた位置に配置する、外から家の中が見えにくいようにするといったような配慮が必要になるでしょう。

□デメリットを解消するための具体例

先ほどは、平屋のデメリットについて解説しました。
ここからは、ご紹介したデメリットを解消するための具体例についてご紹介します。

先ほどご紹介したプライバシーの問題を解決するためには、家をコの字型にするのがおすすめです。
さらに中庭をつくり、その奥にリビングを設けることで道路との距離が生まれ、プライバシーの問題を解決できます。

また、くの字型の家にするといった対策もあります。
通常の長方形とは異なり、少しだけ曲げて中庭を作ることで通行人の視線が遮りやすくなります。
生活動線が長くなってしまうというデメリットがありますが、玄関を家の中心にもってくることで改善されます。

いずれの形状も日当たりや風通しが良くなりやすいので、正方形や長方形の平屋で起こるデメリットを解消できます。
このように、形を工夫することで平屋のデメリットは改善されます。
平屋を建てられる際は建物の形をよく考えられることをおすすめします。

□まとめ

今回は「平屋のデメリットはあるのか」という疑問をお持ちの方に向けて、平屋のデメリットについて解説しました。
平屋を建てられる際は今回ご紹介した対策をぜひ参考にしてみてくださいね。
ナルセノイエでは、お客様の理想に合わせた家づくりを心がけております。
家づくりについてご興味のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました