トップページ | 住まいの事例集トップ | 暮らしの風景 | 吹き抜けに薪ストーブが映える家

吹き抜けに
薪ストーブが映える家

 

碧南市城山|M様邸(ご夫婦)

 
 

素敵な人々との出会いからはじまった家づくり

Mさんご夫婦がナルセノイエに家づくりをお願いすることになったきっかけは、Mさんの奥さまが保育士をされているときに家庭訪問されたお子さんの家がナルセノイエで建てられた家だったことでした。奥さまは「ちょうど家づくりを検討していた頃で、それまで住宅展示場を訪れたり、インターネット等でいろんなメーカーさんを見ていましたが、どこも素敵な家だとは思っていたものの、なかなか決め手になるところがなくて、そんなときに出会ったのがその家だったんです。」と、ナルセノイエとの出会いについて語ってくださいました。

家の中心に置かれた薪ストーブ。吹き抜けのある南の大開口からは陽射しが降り注ぎ、開放感あふれる暖かな住まい。

この人たちとなら素敵な家づくりができそう

そして、「家そのものもとても素敵だったんですが、何よりご家族がとても幸せそうだったのが印象的でした。いきなりどこで建てられたのかを聞くのは失礼かとも思いましたが、勇気を出して聞いてみたら、喜んで教えてくださいました。」とおっしゃり、住まい手ご家族のこうした対応やナルセノイエとそのご家族の良好な関係を感じたことがMさんの背中を押してくれたのだと語ってくださいました。Mさんご夫婦は早速、ナルセノイエのモデルハウスを見に行かれたそうです。そして、そこでもナルセノイエの家づくりとともに対応したスタッフの人柄の良さを感じて、この人たちとなら素敵な家づくりができそうだと直感したのだと仰っていただきました。


キッチンの向かいに置かれたカウンターは作業台としても重宝する。このカウンター(作業台)と薪ストーブの配置がプランを決める要となった。

夫婦二人が思い思いに豊かな時間を過ごせる

具体的に家づくりを検討していく過程もとても楽しいものでしたとMさんご夫婦は語ってくださいました。奥さまは、「玄関のつくりや主人の念願だった薪ストーブの置き場所なども結果的に絶妙なところに収まったのではないかと思っています。取っ手やタイルなどの私の細かなこだわりや、楽器演奏やDIY、アウトドア好きの主人の趣味を上手に取り入れてくださいました。」吹き抜けの広々とした空間がある一方で、2階の共有スペースはとても落ち着いた空間になっていて、それぞれの居場所を楽しまれている様子が伝わってきました。

開放的なLDKとは対照的に、適度に囲まれ感のある階段上の踊り場スペース。壁の飾りやスイッチボックスは奥さまのこだわりが表れている。3畳の音楽室ではドラムやピアノの演奏に没頭できる。

薪ストーブの炎とともに温かさに包まれた住まい

今はまだご夫婦二人だけの住まいですが、将来、ご家族が増えたときのことを想定して、二階には二人分の子ども部屋を取ることも可能になっています。「それまでは主人の作業スペースとして重宝しそうです。冬場は吹き抜けを介して太陽の陽射しが室内に燦々と降り注ぐので、主人は思ったよりも薪ストーブの出番が少ないのが寂しいと思っているかもしれません。でもその分、火を入れたときの時間がとてもワクワクして楽しいんだと思います。」奥さまは、ときどき床に寝転んで、吹き抜けの天井を見上げ、自分たちの家を建て、今自分たちが暮らしていることをしみじみと思い、本当によい家を建てることができたと実感するのだそうです。最初に出会ったナルセノイエで感じたご家族と同じ幸せを今、Mさんご夫婦も感じておられるのだと感じ、薪ストーブの炎とともに、ととても温かい気持ちになりました。

大きな吹き抜けは階段と廊下、キャットウォークで囲まれ、回廊のような風情。陽射しや壁に飾られたお花から季節を感じることができる。


煙突が見えるシンプルな切妻屋根、白い外壁と木の手摺や塀、デッキがナチュラルな雰囲気を感じさせる外観。