変形地狭小地の家づくりメリットについてご紹介します!

この記事は約2分で読めます。

「狭小住宅って何かな」
「狭小地・変形地の住宅のメリットについて知りたいな」
このようにお考えの方も多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、狭小住宅についてと、狭小地・変形地の住宅のメリットについてご紹介します。
家づくりをお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□狭小住宅とは?

狭小住宅とは、小さな土地に建てられた住宅のことを指します。
一般的には、およそ15坪(50平方メートル)以下の土地に建てられる住宅のことを意味します。
建物が密集していることや、時価が高いことから広い敷地が手に入らないので、都心部で多く見られます。

都心部では、敷地が狭いだけでなく、変形地も多いです。
狭小地や変形地に住宅を建てるとなると、注文住宅であれば自由に設計した方が良いでしょう。

狭小住宅は、建物が密集した場所の中での家づくりとなるので、採光や通風、プライバシーの確保ができるかといった点には、こだわりましょうね。
狭小住宅ならではの工夫をすることで、住み心地の良い空間にできるでしょう。
注文住宅であれば工夫次第で自由に設計できるので、土地に合わせて家づくり可能ですよ。

□狭小地・変形地の住宅のメリットについて

では、ここからは狭小地と変形地に住宅を建てるメリットについてご紹介します。

1つ目は、利便性の高い地域に住宅を建てられることです。
駅の近くといった人気な土地や、アクセスが便利な土地は価格が高いでしょう。
狭小地・変形地の住宅であれば、利便性の高い地域に建てられる可能性があります。
ご自身の理想の家づくりができるでしょう。

2つ目は、土地台を削減して住宅を建てられることです。
通常の住宅よりも敷地は狭くなるので、その分費用を抑えられます。
抑えた費用を、建築費や生活費に回せるでしょう。

3つ目は、暮らす上での維持費を抑えられることです。
費用は、家づくりだけでなく、住宅に暮らす上でも必要です。
狭小地・変形地の住宅であれば、その後の生活にかかる維持費を抑えられるでしょう。
税金面でも大きな差ができます。

以上が、メリットです。
利便性が高い土地だと土地代がかかりがちですし、メンテナンス費用も長期的に見て大きな出費です。
そのため、極狭地・変形地を選んでおくのも1つの手です。

□まとめ

今回は、狭小住宅についてと、狭小地・変形地の住宅のメリットについてご紹介しました。
家づくりをお考えの方は、ぜひこの記事を参考に注文住宅をご検討ください。
当社は、「ちょうどいい暮らしの器」をお客様と丁寧につくっています。
全力でサポートさせていただきますので、ぜひご依頼ください。

タイトルとURLをコピーしました