分家用地の購入方法とは?流れをご紹介します!

この記事は約2分で読めます。

「分家用地の概要を知りたい」
「許可申請をする際の必要書類を知りたい」
このようにお悩みの方は多くいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、分家住宅についてと分家用地の購入方法について解説します。

□分家住宅についてご紹介!

「分家住宅」についてよく分からないという方も多いでしょう。
ここでは、分家住宅についてご紹介します。

分家住宅とは、市街化調整区域内の農地に建てた家のことを指します。
ただし、これは誰でも建てられるというわけではありません。
条件を満たし、都市計画法34条の規定により開発審査会の許可を受けて初めて建築できます。
その条件というのは、以下の通りです。

・建築の申請ができる者は農家の家族で、分家した後も農業を営むことを認められた者であること
・分家する者につき、一住宅一回であること
・分家住宅の建築予定地は原則本家と同一の集落内にあること
・建築予定地は原則申請者がその土地を1年以上保有していること
・予定地に住宅を建築しなければならない理由があること

市街化調整区域の規定は市区町村によって異なりますので、まずは市区町村の条例を確認しておきましょう。

□分家用地の購入方法は?

では、分家用地の購入方法についてご紹介します。
分家住宅の都市計画法上、許可申請をする必要があることは、前章でも解説しました。

許可申請をする上で、まずすべきことは役所の担当窓口での相談です。
申請者本人が申請される場合も、行政書士が代理申請する場合も同様です。
提出書類をもとに精査され、許可できるの化判断されます。
明らかに見込みがない場合はその旨が告げられます。

なお、必要書類は以下の通りです。

・申請書
・付近見取図
・敷地現況図
・建築物各階平面図
・建築物立面図
・公図
・実測図
・土地の登記事項証明書
・建築行為施工同意書
・建築理由書
・誓約書
・申請者の印鑑証明書
・住民票
・戸籍謄本

以上が主に必要となる書類です。
特に、建築理由書はとても大切です。
要件に当てはまることをアピールすることが重要なので、書き方を相談してみましょう。
また、必要書類は抜け漏れがないように準備してくださいね。

□まとめ

今回は、分家住宅についてと分家用地の購入方法について解説しました。
この記事でご紹介したことを参考に、分家用地について検討してみてください。
なお、市区町村によって条件や必要書類が異なる可能性がありますので、お住まいの自治体の窓口にて相談されることをおすすめします。
この記事がお役に立てば幸いです。