大手ハウスメーカーと工務店の違いをご存知ですか?解説します!

この記事は約3分で読めます。

マイホームの建築をお考えで
「大手ハウスメーカーと地元工務店でどちらがいいのか分からない」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?

この記事では、大手ハウスメーカーと地元工務店の違いについてざっくりと概要を解説します。
建築前に事前知識として、ぜひお役立てください。

□大手ハウスメーカーと地元工務店の違いとは?

この章では、大手ハウスメーカーと地元工務店の違いを2つの観点から比較していきます。

*技術力

一部の大手ハウスメーカーは住宅部材の多くを工場で製造しています。
しかし、ほとんどは地元工務店と同じく現地の大工さんや専任の下請け工務店さんが組み立てています。

例えば、優れた住宅メーカーの優れた柱であっても、適切に施工されていなければ、その能力を十分に発揮することはできません。

大量生産する住宅メーカーの場合は、あらかじめ決められたルールの中で組み立てていくため

誰でも作れるように考えられていて、さほど特殊能力がなくてもいいのが特徴的です。

注文住宅の一点ものであれば、その都度求められる技術が必要で、腕の良い職人さんが丁寧に作っていくのが特徴です。

このように、実際の建築自体の技術力を比較するとなると

大量生産のケースではシステムの技術力が必要で

注文住宅のケースでは現場の技術力が必要になります。


木造建築は、現場の大工さんの腕に大きく左右されるケースは多いです。

*品質

大手ハウスメーカーで使われている標準部材の品質は、会社の信頼性にも関わってくるので非常に良いです。

しかし、それをきちんと施工できるかどうかは別問題です。
地元の工務店では、大手ハウスメーカーの指定材料ではなく、メーカーからの部材を使用しているので、材料の品質を気にする必要はありません。

□ハウスメーカーか工務店か迷ったら?

ここからは大手ハウスメーカーと地元工務店で迷ったときにどちらを選べば良いのかについてご紹介します。
安心感とブランド力で選ぶならハウスメーカーが良いでしょう。

品質やサービスが一定の基準に保たれているので安心です。
経営がしっかりしているからこそ、安心して長期的な関係を築くことができますね。

しかし、細部にこだわって自分なりの家を作りたい場合は地元工務店が良いでしょう。
工務店の魅力は、あなたに寄り添ってくれた提案をしてくれる地域密着型のサービスとプランの自由度です。

部屋ごとに家の雰囲気を変えることもできますし、こだわりたい部分にはお金をかけて、そうでない部分には安い資材を使うなど、様々な工夫ができます。

□まとめ

今回の記事では、大手ハウスメーカーと地元工務店の違いについて概要を解説しました。


あなたの作りたい家、暮らし、その家でどんな気持ちでありたいか?

などの要望によって、どちらが適しているかは変わってくるので、自分の希望と見比べながら選択していただけたら幸いです。

当社は総合建設業の業務を通して西三河を中心とする地域の生活基盤を支え続けて100年。
マイホームの建築に関してもお困りの際は、ぜひナルセノイエまでお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました