中古住宅のメリットとデメリットは?新築とお悩みの方必見です!

この記事は約2分で読めます。

「中古住宅と新築住宅のどちらにするか迷っている」
このような悩みをお持ちの方は大勢いらっしゃいます。
中古住宅と新築住宅にはそれぞれメリットとデメリットが存在します。
今回は、どちらにするかお悩みの方に向けてそれぞれのメリットを徹底解説します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□中古住宅のメリットとデメリット

最初に、中古住宅のメリットとデメリットについてご紹介します。

中古住宅のメリットとしてまず挙げられるのは、価格が安いことです。
同じエリアで物件を探すと中古戸建てであれば、新築戸建てに比べて安いことが多いです。
実際、土地の価格はそれほど変わらないのですが、中古住宅は築年数が経過していることから建物が減価償却されています。
そのため、価格が安い傾向にあります。

次に、リフォームをしやすいということが挙げられます。
新築住宅よりも安く購入できる分、リフォームに費用をかけることが可能になります。
実際に住んでみてからリフォームがしやすいのは中古住宅の魅力と言えるでしょう。

一方でデメリットもあり、1つ目は老朽化が進んでいることが挙げられます。
安く購入できる分、リフォームがしやすいということはメリットとしてご紹介しましたが、基礎部分まで劣化していると修繕に多額の費用がかかってしまう場合があります。
その場合、結果的に新築を購入した方が安かったということになってしまうこともあります。

2つ目はローン審査が厳しくなってしまうことです。
中古住宅は担保としての価値が低くなってしまう分、金融機関の住宅ローン審査が厳しくなる恐れがあります。

以上が中古住宅のメリットとデメリットになります。

□新築住宅のメリットとデメリット

ここからは新築住宅のメリットとデメリットについてご紹介します。

新築住宅のメリットとして挙げられるのはやはり「新しい」ということです。
新築は外観が新しいだけでなく、耐震基準も新しい基準です。
内装や設備も綺麗な状態です。
特に、注文住宅であれば自分たちの生活様式に合わせた家づくりが可能になります。

一方で、価格が高いというデメリットがあります。
中古住宅のメリットでもご紹介しましたが、価格は中古住宅の方が安い傾向にあります。
この点は、新築住宅の最大のデメリットと言えるでしょう。

□まとめ

今回は、中古住宅と新築住宅で悩んでいらっしゃる方に向けて、それぞれのメリットとデメリットを解説しました。
本記事が、住宅選びでお悩みの方の参考になれば幸いです。
ナルセノイエでは、お客様のライフスタイルにちょうどいい住宅のご提案をいたします。

ライフスタイルをお聞きして、今建てることがちょうどいいのかどうかも含めてお話をお聞きします。
住宅を建てるか迷っていらっしゃる方は、お問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました