木造建築をお考えの方へ!耐久性について解説します!

この記事は約2分で読めます。

木造建築の家を建てたいとお考えの方で
「木造建築は鉄筋コンクリート造りに比べて耐久性が低いのだろうか」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。

この記事では、木造建築の耐久性についてポイントを解説します。
ぜひお役立てください。

□木造建築の耐久性は?

まず初めに、耐久性の定義から始めます。
耐久性とは、木材や木造住宅の生物学的、物理的、化学的な要因による本来の特性の劣化や、時間の経過に伴う特性の劣化に対する耐性を示す指標です。

耐久性の要素には、火災や地震などへの耐性も含まれます。
これらの要因は、熱、水分、光などの「物理的要因」と、腐朽やシロアリなどの「生物的要因」に分けられます。

近年の大気汚染の深刻化という状況下では、化学的な影響も無視できません。
現在、世界的に森林資源が減少し、その有効利用が大きな問題となっています。

そのため、木造住宅の耐久性を向上させ、より長くその能力を維持できるようにすることが重要です。

そこで、木材などの建材の性能を向上させるだけでなく、使い方、住み方、メンテナンスの仕方などを幅広く考えていかなければなりません。

日本には優れた建築技術という長い伝統があり、多くの素晴らしい建物が長い年月を経てもなお使用されています。

私たちはこの伝統を引き継いで、日本の気候に適応した、現在入手可能な最高の素材を使った、持続可能な木造住宅を建てるべきだと考えています。

□木造建築のメリット・デメリットとは?

この章では、木造建築のメリットとデメリットをまとめます。

メリットとしては、一般的に木造住宅は安く建てることができるということです。

一般的に、木造住宅の平均的な坪単価は50〜80万円とされています。
鉄骨造りやRC造りでは70〜100万以上になるので、比較的安価と言えます。

次に、デメリットをご紹介します。
木造軸組み工法を採用する場合は、多くの工事を現場で行うため、大工さんの腕次第で仕上がりが変わってしまうことが考えられます。

安心して、建物の耐久性や寿命を高めるために、経験豊富な大工さんと繋がりのある施工業者を選ぶことをお勧めします。

□まとめ

今回の記事では、木造建築の耐久性についてポイントを解説しました。
建築方法にはそれぞれメリットとデメリットがあるので、きちんと下調べをしてから選択するようにしましょう。

当社は地域の素材、自然素材を使用し、地域の職人さんが丁寧につくる住宅を提案しています。
マイホームの建築に関してお困りの際は、ぜひ当社までお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました